• 料金
  • アクセス

坐骨神経痛について

坐骨神経痛

腰から下半身に症状が現れる坐骨神経痛は、お尻のあたりから痺れを感じるのが症状の特徴です。症状と原因の内症状については、痺れの他に痛みが代表的で、立っていても座っていても痛みが気になります。

しかも、長時間同じ姿勢を保つのが難しく、腰を後ろに反らしたり屈む姿勢でも痛みが生じます。歩いていても症状が出るので、悪化すると歩き続けられなくなりますが、休憩を挟めば症状が落ち着きます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛

名前のように、坐骨神経痛は神経に関係する病気ですから、痺れや痛みに加えて頻尿や尿失禁、排尿障害にも繋がります。自転車のサドルが当たる部分が痺れたり、火照るような感覚を覚えることがあるのも、坐骨神経痛の症状の1つです。

坐骨神経痛の原因は複数ありますが、中高年だと腰部脊柱管狭窄症が多く、上体を反らす動作で特に症状が強く出ます。腰椎椎間板ヘルニアも実は坐骨神経痛の原因で、こちらは逆に若い世代に多いとされます。

20代を中心に、30代以降や10代でも発症しますから、若いからといって油断はできません。椎間板の潰れにより神経が圧迫されるので、猫背やあぐらをかいて痛みが生じる場合は要注意です。運動不足で筋肉が衰えていると、腰回りに負担が掛かって発症リスクが高まります。

坐骨神経痛の改善は当院にお任せください

坐骨神経痛

お尻の筋肉は、坐骨神経の保護や血流に関係するので、適度に運動して筋肉を保ちたいところです。治療は保存療法が基本で、マッサージや温熱に低周波、赤外線や骨盤の牽引といった方法があります。運動療法やコルセットの着用も有効です。

坐骨神経痛による慢性的な痛みにお困りの方は、ぜひ当院の施術をお試しください。原因を根本から治療するため、全力で当院がサポートいたします!

まずはお気軽にお電話・お問い合わせください。

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診