• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について

腱鞘炎

腱鞘炎は手を使いすぎることが原因となって、指や手首の関節に痛みが生じてしまう疾患です。我々は手を使おうとする時、手の指を曲げる時に働く屈筋腱と、伸ばす時に働く伸筋腱を動かしています。これらの腱は腱鞘というトンネルの様な中を通っており、その間で摩擦が過度に重なることによって炎症を起こしてしまうのです。

これを腱鞘炎と呼び、手や指を安静にしていると痛みはなくなります。しかしそれを無視して使い続けると、腫れや痛みが伴い続けてしまうので注意が必要です。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎

症状として、手のひら側に痛みがあるのは腱鞘炎の可能性が高いでしょう。腱鞘炎とは手をグーに握り、その後手を開いた時、指がカクンと伸びるのが遅れる状態。また、その反対に指を伸ばす側の症状もあり、ドケルバン病という親指の付け根に痛みを感じる症状がそれです。

どちらも自然治癒が難しい場合、塗り薬や注射をすることで回復させることが可能ですが、あまりに痛みが引かない時には当院にご来院ください。とにかく手の使いすぎが原因となって生じるので、指の曲げ伸ばしを控えて休ませることが重要です。

最近ではスマホの普及によって、腱鞘炎になる人が多くなってきています。男性よりは女性、さらに高齢者が多いと言われてきましたが、子供であってもゲームや楽器の使いすぎによって罹患することも少なくありません。

腱鞘炎は誰もが起こりうる疾患ですので、症状と原因に心当たりのある方は、生活を見直してみることをお勧めします。

腱鞘炎の改善は当院にお任せください

腱鞘炎

上記の通り腱鞘炎は誰もがなり得る疾患のため、少しでも痛みを感じた、違和感を覚えた人はお早めに当院にご相談ください。

当院の施術により、腱鞘炎を改善・治療に導きます!

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診