• 料金
  • アクセス

テニス肘について

テニス肘

テニス肘は上腕骨外側上顆炎のことで、スポーツなどで手首を使った際に発生します。テニスなどラケットを使ったスポーツでの発生率が高いのが特徴です。

ラケットにボールがあたると、その衝撃が手首に伝わります。衝撃のストレスは肘筋肉の付着部にまで及びます。テニス肘はテニスの上級者よりも初心者や中級者に患者が多いです。

受傷は肘の外側を痛めるタイプと内側を痛めるタイプがあります。ラケットは製品によって材質が異なりますが、衝撃吸収性の悪さも肘を痛める原因になります。テニス肘が疑われる場合は当院にご相談ください。

テニス肘の症状・治療

テニス肘

テニス肘の症状は、物を握った状態で手首を動かした際の痛みになります。レントゲンで調べてみても、骨に異常はないです。MRIでも軽い炎症がわかる程度です。

テニス肘の治療では保存療法が原則になります。一般的に痛みのある部位に鎮痛炎症効果がある飲み薬やシップを使います。症状が強い場合は、ステロイドホルモンを使うこともあります。

テニス肘の予防法

テニス肘を避けるにはストレッチが有用になります。練習前後に肘や肩、指まで無理のないストレッチを行います。手関節のストレッチも効果が期待できます。

サポーターを使うことで手首が固定され、肘に対する衝撃が吸収されます。トレーニングによって肘と手首の筋肉を強化することが重要です。チューブを使う場合は、肘に負担がかからないように固定した状態で行います。

テニス肘の改善は当院にお任せください

テニス肘

特に部活動または選手としてスポーツを行われている方には、この症状は非常につらいものとなります。

肘の痛みにお悩みの方は、ぜひ当院の治療・施術を受けてみてください。スタッフの施術により、テニス肘を改善に導きます!

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診