• 料金
  • アクセス

オスグッド病について

オスグッド

オスグット病の症状と原因は、次のようなものです。まず、膝の下辺りが腫れてきてそこを押せば強い痛みを感じます。腫れている部分に触れると、熱を持っている事がわかるのですが、その状態で膝を力強く曲げたり伸ばしたりすると痛みがでます。

そのような動きをする運動をすれば痛みがひどくなり、休めば落ち着きます。痛みの程度がひどいときには、歩くことすらできなくなり日常生活に支障がでてきます。

オスグット病になるのは小学校高学年から中学生にさしかかったころの男子に多いので、原因は成長痛と誤解されることもありますが全く違います。

オスグッド病の原因

オスグッド

本当の原因は、体が成長しきっていない子供がサッカーや陸上などで激しく膝の曲げ伸ばしを伴う運動をすることで、膝に過剰な負荷がかかることです。

膝の下が腫れるのは、その部分に脛骨という骨があり成長期ではまだ軟骨なのでダメージを受けやすく、限界を超えたときに剥がれてしまいます。ですから成人になって骨が完全に成長しきれば、症状は消えて普通に動かせます。

一度オスグッド病になった方は運動量に気をつけた方が良い

とはいえ子供の頃にオスグッド病になった人が、同じように膝を酷使するスポーツをしてしまうと、その痕跡ともいえる異常骨形成部に再び痛みを感じます。ですから、健康的に過ごしたいのであれば、あまり負荷をかけないように運動量を抑えたほうが良いです。

ですから、症状がでてきたならば、痛みが出ないように足を休ませて治療に専念しなければいけません。しかし、急激に症状がでてくるのではなく徐々に発症するので、痛みを我慢しながらプレイする子供も少なくありません。

オスグッド病の改善は当院にお任せください

オスグッド

膝の痛みはスポーツをプレイされる方にとって特に非常に辛い悩みのタネとなります。

そのお悩みを改善したい場合は、ぜひ当院の施術をお試しください。スタッフが全力で改善のお手伝いをいたします!

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診