• 料金
  • アクセス

脊柱菅狭窄症について

脊柱菅狭窄症

脊柱管狭窄症の症状と原因は、病気の判断や予防と改善において、理解することが大切だといえます。主な症状は、長距離を連続して歩くのが難しくなるもので、休憩を挟まないと目的地にたどり着けないことです。

また、歩くよりも車や電車といった乗り物を好む傾向が出てきます。腰部の脊柱管狭窄症は、実はそれほど腰痛の症状は強くなく、体を動かさなければほぼ気にならないのが特徴です。

ところが背中を伸ばしたり立って歩くと、途端に痛みが生じて歩行が困難になります。痛みは太ももを中心に、膝やその下にも生じることが多いです。更に痺れを伴いますから、余計に歩きにくく日常生活に支障をきたします。

脊柱菅狭窄症の初期症状など

脊柱菅狭窄症

姿勢が前かがみになると、今度は症状が和らいで楽になります。腰掛ける動作も同様ですから、これらの姿勢が多くなった場合は、脊柱管狭窄症が疑われます。症状が進行していくと、下半身に入る力が落ちてしまい、やがて排尿の困難や尿もれが発生します。

肛門の周りに火照りが生じますから、この症状も脊柱管狭窄症の判断材料です。原因は加齢や働き過ぎに椎間板の変形と、実に様々で一様ではないです。

予防法は?

神経が通る脊柱管は、年齢と共に変形したり、椎間板の膨らみや黄色靱帯の厚みの増加が起こります。神経の圧迫が生じると、血流が悪化して脊柱管狭窄症の発症に至ります。

部分的に負担の掛かる姿勢を避ける、運動習慣で筋力を保つなどを心掛けると、ある程度の予防に期待できます。

脊柱菅狭窄症の改善は当院にお任せください

脊柱菅狭窄症

背筋を伸ばすと強い痛みを引き起こす脊柱菅狭窄症は、普通の生活を送る上で非常につらいものとなります。

経験豊富なスタッフによる施術で、そのようなお悩みを改善に導きます!ぜひ当院にご相談ください。

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診