• 料金
  • アクセス

五十肩について

五十肩

人間は年齢を重ねるごとに関節の動きが弱ってくるもので、肩の動きが悪くなると関節の炎症が起きてしまうのが五十肩の原因の一つです。

腱板という組織が炎症を引き起こした際に、関節包にまで炎症が広がる強い痛みが起きてしまうのが症状の一つで、痛みは長期的に続く事もあります。炎症が起こる原因は完全には分かっていなくて、筋肉が弱った状態で腕を動かし続ける事で炎症が起こるとも言われています。

五十肩とは?

五十肩

普段からストレッチなどの運動を行っていないと、普段は動かさない方向に腕をうごあっす事で、肩関節に痛みが起こるのも五十肩の特徴です。

髪を後ろに束ねようと腕を伸ばした時に痛みが発生したり、洋服を着替えようと腕を伸ばした時に痛みが起こる事もあります。日常的にストレッチなどの運動を続けているだけで筋肉が柔らかくなり、炎症が起きるのを予防することも可能です。

五十肩には痛みの種類があり、急性期は肩のあたりが重苦しい感じや、関節に電流が通ったような痛みが起こります。

急性期の症状の特徴

そこから感覚異常が悪化すると肩のまわりが重たく感じて、腕を動かすだけで違和感を覚えたり首や肩の張りを感じるのが急性期の症状の特徴です。

慢性期になると安静にしている時の痛みは軽くなりますが、腕を過度に動かしたときに強いつっぱり感を覚えて、痛みを恐れて腕を動かさない事で関節が硬くなります。

回復期を迎えると腕を動かせる範囲も広くなり、腕を動かした時の痛みも減ります。五十肩の症状と原因を確かめながら、自分の関節の状態に合わせた治療を始める事が重要です。

五十肩の改善は当院にお任せください

五十肩

日常生活に影響を及ぼす五十肩にお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。経験豊富なスタッフが症状の改善を全力でお手伝いいたします!

まずはお気軽にお電話、お問い合わせください。

あい鍼灸院・接骨院 北浜院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら
院名 あい鍼灸院・接骨院 北浜院
所在地 〒541-0046
大阪市中央区平野町2-2-14 先春園ビル1F
診療時間 午前 / 10:00~14:00
午後 / 16:30~20:30
休診日 土曜午後、日曜休診